Remote TestKit の使い方


動作環境

Remote TestKit ソフトウェア版の動作環境条件は下記のとおりです。

ハードウェア環境(推奨動作環境)
  • CPU: Core i3 以上
  • メモリ: 4GB以上
  • 画面解像度: 1366×768以上
  • ネットワーク回線: 6Mbps以上 ※有線の方がより安定した速度で利用いただけます
OS環境 クライアント版
  • Windows 7,10(32bit/64bit)
  • OS X (10.12以上)
  • OS言語は日本語または英語
  • Windows10タブレットのタッチパネルに対応しています
  • VM環境での利用は動作保証対象外となります
Web版
  • Google Chrome、FireFox、Safari の最新バージョン ※Windows Edge, Internet Explorer等のブラウザは動作保証対象外となります
ネットワーク環境
  • クライアント端末とサーバ間でPort443で直接通信可能な環境
  • TCP/IPレイヤでフィルタリングをしていない環境
その他
  • 一部のセキュリティーソフトと相性が悪い場合があり、個別に当該プロセスを許可する必要があります

主な機能制限等

Remote TestKit で提供される機能において、実機検証との差異として下記の項目があります。 主に、実機を固定設置していることに起因する制約となっております。

  • デバイス系機能はDC内に固定設置されている環境下での動作
    • カメラ(黒い画面が映るのみ)
    • バイブ(データセンター内で動作はするが、確認が不可能)
    • Bluetooth、NFC、赤外線、テレビ、電話帳(一部の設定はメニューから変更可能)
  • 4G、LTE回線による通信(オプション契約者のみ利用可能)
  • 各種設定は禁止(オプション契約者のみ一部設定が利用可能)
  • Googleアカウントを使った一部機能(アカウント追加は可能)
  • 特定の端末でのPCキーボードからのキー入力の不具合 詳細情報はこちら

端末機能制約

Remote TestKit 上の操作において、一部の端末について機能制約事項がございます。機能制約のある端末は、クライアント版の端末リストの最右項目で制約事項をご確認いただくことができます。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解頂いた上でのご利用をお願いいたします。

図
なお、機能制約に記載する意味の説明およびその他の機能制約については下記のとおりとなります。状況が変わり次第下記情報を更新しております。
機能制約名 / 端末名 機能制限内容 対処策
Camera カメラの機能が利用できません。 なし
GPS 位置情報の機能が利用できません。 なし
Rotate 画面回転の機能が利用できません。 なし
Flash カメラのフラッシュ機能が利用できません。 なし
Keyboard PCのキーボードを利用した入力において記号など一部の文字が正しく入力できません。 端末のキーボードをご利用ください。
Clipboard クリップボード連携機能において端末からのコピーが正常に動作しない場合があります。 正常に動作しない場合は、何度かコピーを繰り返してお試しください
WebCapture フルビューキャプチャ機能が利用できません。 なし
Menu Long Tap 端末物理キーのメニューの長押し機能が利用できません。 なし
MultiTouch ピンチイン・ピンチアウト機能が利用できません。 なし
Xcode Xcode connector機能が利用できません。 なし
iOS 9.2以降の端末 マルチタッチ、端末再起動ができません。 なし
Android 7.0以降の端末 PINコード等の画面ロックができません。 なし