機能紹介

FEATURE 1実機そのものを遠隔操作

実機そのものを遠隔操作

実機いらず!スマートフォンの検証・開発をいつでもどこからでも

Android、iPhone、タブレットなどスマートフォンの実機がなくても、インターネットに接続できる環境とPCがあれば、いつでもどこからでも即時にレンタル、スマートフォンと同じ仕様で画面確認や開発環境でテストチェックできるサービスが「Remote TestKit」。

クラウド型のリモート端末検証サービスなので、例えば、社内担当者間でのスマートフォン端末の貸し借りや、開発ベンダごとの端末調達の必要もなく、複数のロケーションからサービスを共有していただけます。

また、急にスマートフォン端末での検証が必要になった場合も、端末購入の必要がなく、すぐにお望みの環境を実機と同じようにレンタルしてご利用いただくことが可能です。

最新機種も、原則2週間以内での追加対応を実施。検証、開発にとって必要な環境を常に提供し続けています。

さらに、国内だけではなく米国センターにもクラウドサービスの拠点を配置。海外ネットワークからの動作検証をしたい場合など、さまざまなケースに合わせてご利用いただけます。

使い放題プランFlat2を特別価格で申し込む

FEATURE 2端末数500機種以上

おかげさまで、選ばれ続けて、1,400社超!

導入企業1,400社突破!端末数も500機種以上!

「Remote TestKit」は、500機種以上の豊富な端末が利用できるサービス。新たな端末の購入も今後は不要になるので、大幅なコスト削減が実現できます。

Android、iPhoneなどのスマートフォンやタブレットは、端末固有のデザイン崩れやアプリの動作不良などが発生するので、多くの端末で検証を行うことが理想です。

また、新たに端末を購入する必要がないので、社内での端末申請、貸し借りといった時間や手間、有効利用されない端末、開発環境の構築など、これまで発生していた無駄をすべて省くことができます。

海外端末なども選べる端末数の豊富さ、新機種追加の早さなどがRemote TestKitが選ばれている理由です。

一番人気のプランFlat2を申し込む

FEATURE 3快適な操作感と動作スピード

Remote Testkitの快適な操作感

端末のレスポンスは圧倒的にスピーディ。快適な操作感をお約束。

エミュレータと違い、Android、iPhone、tabletなどのスマートフォン実機と同じように使えるのが「Remote TestKit」の最大の特長。端末固有の見た目やボタン配置、操作に至るまで実機と同じように操作できます。特に、動作中のレスポンスの速さは、類似サービスと比較しても「Remote TestKit」が圧倒的にスピーディ。これまで実機使用時にかかっていたテスト検証、確認に費やした時間や手間の削減をお約束します。

また、実機と同じ操作感でありながら、PCからクラウド操作ができるので、マウスとキーボードでも操作可能。例えば実機だと文字入力にかかっていた時間もキーボードでラクラク入力。時間を短縮できます。さらに、お使いのPCと「Remote TestKit」間でクリップボードでの共有など、シームレスなやり取りが可能です。

まずはプランを相談してみる

FEATURE 4安心のセキュリティ

端末の紛失、セキュリティの心配無用

端末の紛失や情報漏洩などセキュリティ対策も万全!

Android、iPhone、tabletなど「Remote TestKit」でご利用できるスマートフォン端末は、すべて当社データセンタに配置しています。端末の紛失や盗難による機密情報の漏洩などの心配なく、お使いいただくことが可能です。また、ご利用になられた端末は、レンタル終了後に毎回自動でデータ削除を行います。

スマートフォンを実機で管理していた場合、社内での端末紛失や重複など、セキュリティ処理にかかっていた時間と手間が「Remote TestKit」により大幅削減できます。さらに、外部への実機貸与が必要なくなりますので、情報漏洩を防ぐことができ、セキュリティ対策も万全です。

端末一覧を確認する

FEATURE 5開発中のアプリもインストール可

開発中アプリのインストールが可能

開発中のアプリ(apkファイルやipaファイル)も楽々インストール!

Google PlayやApple Storeなどのアプリストアに出す前に、開発中のアプリの動作検証ができるのが「Remote TestKit」の大きな特長の一つ。

PC上にある開発中のアプリファイル(apkファイルやipaファイル)をメニューから簡単にインストールして動作の確認・検証が可能です。

「Remote TestKit」なら200機種以上のAndroidスマートフォン・タブレット、iOS(iPhone、iPad)端末をご用意していますので、様々なスマートフォン実機での動作確認が可能になります。

「Remote TestKit」のクライアントソフトと開発中のapkファイルだけあれば、アプリのインストールに専門的な知識や特別な開発ツールをPCにインストールする必要はありません。簡単な操作でご利用いただけるので、社内でのβテストなどにも最適です。

開発中のアプリのインストール方法はこちら

FEATURE 6Selenium などの自動テスト対応

Seleniumなどで自動テスト可能

試験ツールとのシームレスな接続が可能。自動テスト機能で作業効率も大幅アップ。

自動テストツールに対応
テスト自動化ツールである Selenium WebDrvier を「Remote TestKit」でレンタルしたスマートフォン端末でご利用いただけます。※Selenium WebDriverとはWebアプリケーションのテストフレームワークであり、このフレームワークとRemoteTestKitを組み合わせれば、様々な端末でWebアプリケーションの自動テストを行うことができます。Selenium WebDriverの他、NativeDriverやOpen2Testとの連携動作も確認しています。自動テストツールに対応

開発環境との連携をくわしくチェック

FEATURE 7Eclipseなどの開発環境との連携

eclipseなど開発環境との連携可能

専用の検証環境、設備構築は不要。Eclipseなどいつもの開発環境でそのまま利用できます。

仮想adb機能(ADT・DDMS・adb)

スマートフォン実機をPCとUSBで接続した状態と同等の接続環境をご提供。

仮想adb機能(ADT・DDMS・adb)

Eclipse上からスマートフォン端末を制御可能です。DDMSなどを使いRemote TestKitでレンタル中のスマートフォン端末のログ情報を実機と全く同様に調査・デバッグすることが可能です。

Eclipse上からスマートフォン端末を制御

本機能はソフトウェア版でのご利用となります。

ソフトウェア版のダウンロードはこちら

FEATURE 8JenkinsなどのCIツールとの連携

JenkinsなどのCIツールとの連携

CIツールで今まで手動で操作していたシーンの自動化が可能

JenkinsなどのCI(継続的インテグレーション)ツールとの連携へ対応として、実端末に対して自動テストを実行することが可能な「Remote TestKit」のThrift APIの提供をしております。対応言語はJava、PHP、Ruby、Perl となります。

これによりプログラムからRemote TestKitの各種機能を使うことができるようになりました。そのため、今まで手動で行っていたRemote TestKitの操作をプログラムで制御することが可能になります。

Remote TestKit Thrift API の詳細

FEATURE 9複数端末同時使用で一括デザイン検証

複数端末同時使用で一括デザイン検証

表示崩れや不具合も一目瞭然!複数端末をまとめて比較

これまでスマートフォン実機で一台一台確認していたサイトデザイン。「RemoteTestKit」では、複数の端末を同時に並べて確認することができます。スマートフォン向けサイトとはいっても、ユーザーによっては、Android、iPhone、タブレットなど閲覧される端末はさまざま。特にAndroid端末は、画面サイズ、縦横比率が大きく異なります。「Remote TestKit」上で、複数の端末を同時に利用することにより、端末固有の表示崩れがないかどうかを、同時に複数を比較しながら確認することが可能です。

これにより、端末ごとの確認で行なっていた場合の時間短縮はもちろん、デザイン崩れや表示の不具合などが一目瞭然に確認できるので、修正対応もスピーディに実現できます。

まずはプランを相談してみる

FEATURE 10PCのキーボードからテキスト入力

PCのキーボードからテキスト入力

PCでの利用ならではの便利な操作性。Webサイトのチェック作業が劇的に効率アップ!

PCからのキーボード入力機能
「Remote TestKit」は、PCから入力した文字をそのままスマートフォン端末に反映することができます。URLを入力しながらのWebサイトチェックや、テスト時の膨大なテキスト入力など、従来の実機テストで手間の掛かっていた作業が大幅に効率アップします。
IMEを用いた文字入力(Windows版のみ対応)
日本語入力をWindowsのIMEを使って入力可能。使い慣れたPCでの日本語変換で文字入力などの検証作業を更に迅速に行えます。
※IME (Input Method Editor):WindowsなどPCで利用できる日本語入力システム
クリップボードのリアルタイム同期
スマートフォン実機と、PCクライアント側のクリップボードをリアルタイムに同期。あらかじめPCで用意しておいたテキストをコピー&ペーストで貼り付けることができるので、あらかじめテスト用のテキストを用意しておくことで試験の効率が上がるだけでなく、入力時のミスも防ぐことができます。またスマートフォン実機のテキスト情報をコピーしてPC側に貼り付けることも可能。
ピンチイン・ピンチアウト対応
キーボードとマウスの組み合わせにより、ピンチイン・ピンチアウトなどのマルチタッチ操作も再現可能。 WebページやMapの拡大・縮小をスマートフォン実機と同じように行うことができます。(アプリ版のみ)※WindowsはAltキー、MacはOptionキーで操作します。

一番人気のプランFlat2を申込む

FEATURE 1静止画と動画。充実のキャプチャ機能

静止画と動画。充実のキャプチャ機能

充実のキャプチャ機能。検証や画面確認結果を簡単に保存可能

検証結果のエビデンスを正確かつ簡単に残せるのが「Remote TestKit」の大きなメリット。

Android、iOS(iPhone、iPad)など、多種多様なサイズや解像度のスマートフォンのテストには多くの手間がかかりますが、検証結果のエビデンスを残す作業はその中でも特に面倒な作業の一つです。

「Remote TestKit」なら画面のキャプチャもメニューから簡単に実行。静止画のキャプチャはもちろん、端末操作をAVI形式の動画で保存することできるので、画面イメージだけでは伝わりにくいエビデンスも正確に残すことが可能です。

更に「Remote TestKit」は単なる画面のキャプチャだけでなく、端末のスキンデザインごと保存が可能。

検証作業のエビデンス作成はもちろん、Webページの製作から取扱説明書の作成まで幅広くご利用いただけます。
※動画による保存機能ははソフトウェア版でのご利用となります。

ソフトウェア版のダウンロードはこちら

FEATURE 12リモート・コントローラー検証機能

リモート・コントローラー検証機能

レンタル端末を手元のスマートフォンで操作

お客様がお持ちのスマートフォンをコントローラーにしてレンタル端末を操作できる機能です。

このリモート・コントローラー機能により、単に動作を確認するだけではなく、スマートフォン上での操作感なども多くの機種で簡単に検証可能。マルチタッチの操作にも対応しているので、今まで以上にUI/UX等の検証などにご利用いただけます。

リモート・コントローラー検証機能ご利用方法

機能対応表

Remote Testkit は、料金プランや使用するアプリによって使える機能が異なりますので、以下の対応表をご確認ください。

大項目 機能名 機能の内容 適用プラン 利用手段
チケット フラット ソフトウェア版 Web版
ADB 連携 仮想adb 通常のadb機能を提供し、リモートの端末に対してadbコマンドでアクセスが可能
DDMS DDMS(開発ツール)を用いての情報収集 *1
Eclipse開発ツール(ADT) Eclipse開発ツール(ADT)を用いての開発・デバッグ
自動 試験 Web自動キャプチャ 指定したURLのファーストビュー、フルビューキャプチャを取得しファイルで保存される レンタル中で起動中の全ての端末で動作する
Web自動試験 指定したシナリオの通りにWeb操作(クリックして遷移など)の試験が可能 結果はHTMLで保存。レンタル中で起動中の全ての端末で動作する
アプリ アプリインストール メニューからapkファイルを指定してインストール
アプリデータの一括削除 アプリデータの削除を許可しているアプリのアプリデータを一括削除
インストールした アプリ一括削除 Google Playや開発ツール等からインストールしたアプリの削除 (プリインアプリの設定によってはプリインアプリも削除されます)
端末 操作 キー入力 端末ウィンドウでキーボードを用いて文字入力(アルファベットや記号のみ)
タッチ入力 端末ウィンドウでマウスを用いてタッチ入力(Windwows8のタッチパネルにも対応)
ピンチイン・ピンチアウト キーボードとマウスの操作を組み合わせて、ピンチイン、ピンチアウト操作
ハードウェアキー入力 端末ウィンドウのスキンのハードウェアキーを押してキー入力
Webサイト表示 URLを指定して端末のデフォルトブラウザでWebサイトを表示
画面回転の自動連動 アプリが画面を回転させた場合に自動で連動して回転
強制画面回転 画面を回転できる時に画面を強制回転(Android 2.3以降)
端末返却 レンタル中の端末を返却する
リモート・コントローラー検証機能 手持ちのスマートフォンをコントローラーにしてレンタル端末を操作できる
端末 設定 端末状態のバックアップ・リストア 前回の状態を保存・復元することができ、再設定の手間を省ける
GPS設定 緯度、軽度を入力することで、擬似的な緯度経度でのGPS試験が可能
言語設定 英語、日本語、等、レンタルした端末に備わっている言語を切り替えできる
キャプチャ 端末全体キャプチャ 画面と枠を合わせた端末全体をクリップボードにコピー
ディスプレイ画面キャプチャ ディスプレイ画面をクリップボードにコピー(Web版はファイル保存)
録画 操作履歴をムービーファイル化
表示 最前面表示 端末ウィンドウの最前面表示 -
枠なし表示 端末ウィンドウの枠なし表示 -
画質変更 3段階で画質の変更が可能
端末WindowSize変更 メニューやウィンドウ枠から端末ウィンドウサイズを変更 *2
その他 端末予約機能 端末を指定した日時に予約可能
クリップボードの リアルタイム同期 Android端末のクリップボードと自端末のクリップボード間でデータの送受信を行い、自端末でコピーした文字列のAndroid端末内でのペースト、その逆の操作が可能
クライアントPCのIME利用 Android端末のIMEを使わず、クライアントPCのIMEを使った文字入力
API Thrift-API 端末のレンタル、アプリインストール、画面キャプチャー等をAPIから利用 - -
  • *1 DDMSについてはLogcatの出力結果のみ確認可能
  • *2 端末WindowSize変更については、ブラウザサイズの変更により、サイズ変更が可能

Webからのお申込で今すぐご利用いただけます!
ご導入でお悩みのお客様には最適なプランをご提案いたします