Remote TestKit web版 β提供開始のお知らせ

Remote TestKitをいつもご愛顧いただきありがとうございます。

2013年12月19日(木)実施のシステムメンテナンスが終了いたしましたのでご報告いたします。
尚、メンテナンス完了に伴い新たに「Remote TestKit web版」のβ提供を開始いたしました。

■Remote TestKit web版(BETA)
クライアントPCへ専用ソフトウェアをインストールせずに、web上で「Remote TestKit」をご利用いただけます。
社内のセキュリティルール等により専用ソフトウェアのインストールが制限されている企業様でもご利用いただくことが可能になりました。

1.ご利用方法
以下のURLにwebブラウザからアクセスし、ID取得後ログインいただくことでご利用いただけます。
※すでにRemote TestKitのアカウントをご利用の方は、お持ちのアカウントでもログインいただけます。

Remote TestKit Web版 (BETA)
https://webapp.appkitbox.com/
※β提供中の対応ブラウザはGoogle Chromeブラウザのみとなります。
※本格提供時には、対応ブラウザを拡大予定です。

アカウントの登録とログイン
http://appkitbox.com/testkit/doc/registration

2.Special features for browser version

  • 専用ソフトウェアのインストールが不要で、ブラウザだけですぐに利用可能
  • 高速な画面転送による操作が可能で、複数台を同時に利用しても快適に動作
  • 直感的でわかりやすいユーザーインタフェース


例:アプリインストールの操作方法

3.β版提供機能

  • 複数端末のレンタル
  • アプリインストール(apkファイル、ipaファイル)
  • 画面の回転
  • URL指定したブラウザの起動

<本格提供時に追加予定の機能>

  • 同時複数端末画面キャプチャー
  • 静止画及び録画
  • マルチタッチ
  • GPS位置情報入力
  • ADBによる端末操作

4.主な利用可能端末
Remote TestKitで提供中の一部の端末。
※β提供期間中、利用可能端末は随時変更になります。
※本格提供時には全端末が利用可能となる予定です。

5.ご利用料金
β提供期間中は無料で利用可能です。
なお、利用可能時間はクライアントソフト版の無料レンタル端末の利用時間と合わせて、合計2時間/24時間までとなります。

今後も、より魅力的な機能の追加の提供などを計画しております。ご期待ください。