Remote TestKit の使い方

Eclipse連携のチュートリアル


概要

Eclipseは、統合開発環境(IDE)の1つです。
Eclipse上でアプリケーションを作成し、Remote TestKitと連携させることで、様々な端末に対して検証を行うことができます。


事前準備

以下、Mac OSでのEclipseセットアップ例です。

JDKセットアップ

JDKをセットアップしてください。

Eclipseインストール

  1. Eclipse のページへ遷移
  2. 「Get Eclipse XXXX」の「Download Packages」リンクを押下  ※現在はOXYGEN
  3. 「Eclipse IDE for Java Developers」の「64bit」リンクを押下
  4. 「DOWNLOAD」ボタンを押下して任意のディレクトリに保存
  5. ダウンロードしたファイルを実行

ADTプラグインインストール

Eclipse上でAndroid開発を行うために、ADT(Android Development Tools)プラグインをインストールします。

  1. 「Eclipse.app」を実行
  2. 「Select a directory as workspace」で「Launch」を押下
  3. 「Help - Install New Software」を押下
    図
  4. Install
    1. 「Work with」の「Add」を押下
    2. 「Location」に「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」を入力して「OK」を押下
      図
    3. 「Developer Tools」をチェックして「Next」を押下
      図
    4. 「Instal Details」で「Next」を押下
      図
    5. 「Review Licenses」で「I accept・・・」を選択して「Finish」を押下
      図
  5. 「Security Warning」ダイアログが出たら「Install anyway」を押下
    図
  6. 「Software Updates」ダイアログが出たら「Restart Now」を押下
    図

Android SDKセットアップ

  1. ADTインストール後に「Android SDKがセットアップされていない」の内容のダイアログが出たら「Close」を押下
    図
  2. 「Configure SDK」で「Next」押下
    図
  3. 「Contribute Usage Statics」で「Yes」を選択して「Finish」を押下
    図
  4. 「Choose Packages to install」で「Accept License」を選択して「Install」を押下
    図
  5. 「Build Toolsが必要」の内容のダイアログが出たら「Open SDK Manager」を押下
    図
  6. 「Android SDK Manager」で「Install X packages...」を押下
    図
  7. 「Choose Packages to Install」で「Accept License」を選択して「Install」を押下
    図
    ※いくつかのパッケージはダウンロードエラーが出る場合があるが、無視して進めてよい
  8. 「Android Tools Updated」で「OK」を押下
    図

Eclipseでアプリケーション作成

  1. プロジェクト作成
    1. Eclipseで「File - New - Project...」を押下
    2. 「New Project」で「Android - Android Application Project」を選択して「Next」を押下
      図
    3. New Android Application
      1. 「Application Name」に任意の値を入力(例:Sample)
        ※ 「Application Name」の値に連動して「Project Name」と「Package Name」も自動入力される
      2. 「Minimum Required SDK」で「Android 4.0」以上を選択
      3. 「Next」を押下
        図
    4. 「New Android Application」で「Next」を押下
      図
    5. 「Configure Launcher Icon」で「Next」を押下
      図
    6. 「Create Activity」で「Blank Activity」を選択して「Next」を押下
      図
    7. 「Blank Activity」で「Finish」を押下
      図
  2. サンプル作成

以下、サンプル例です。

(MainActivity.java)
package com.example.sample;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.Button;
import android.widget.Toast;

public class MainActivity extends Activity {

    static int count = 0;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        Button button = (Button)findViewById(R.id.button);
        button.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View view) {
                count++;
                Toast.makeText(getApplicationContext(), count + " Click!", Toast.LENGTH_LONG).show();
            }
        });
    }
}

(activity_main.xml に以下を追記)
<Button
    android:text="Button"
    android:layout_width="wrap_content"
    android:layout_height="wrap_content"
    android:layout_below="@+id/textView"
    android:layout_centerHorizontal="true"
    android:layout_marginTop="45dp"
    android:id="@+id/button" />

Remote TestKitとの連携

  1. Remote TestKitクライアントを起動してログイン
  2. Android端末をレンタル
  3. [設定 - 仮想adb有効化」
    図
  4. Eclipseを起動して対象のプロジェクトを選択
  5. 「Run - Run Configurations」を押下
  6. Run Configurations
    1. 「Android Application」をダブルクリックして「Name」に任意の値を入力
    2. 「Project」の「Browse」を押下して「実行対象のプロジェクト名」を選択して「OK」を押下
    3. 「Apply」を押下して「OK」を押下
    4. 「Run」を押下
      図
  7. アプリケーションが端末にインストールされることを確認
    図