利用規約

「Developers AppKitBoxサービス」(以下「本サービス」といいます)は、スマートフォン向けアプリ等の動作検証を、エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社(以下「NTTレゾナント」といいます)が指定するスマートフォン端末(以下「検証端末」といいます)にリモートでアクセスすることにより実施できる、NTTレゾナントが提供するサービスです。本サービスの利用を希望するお客様は、本規約に同意し、本規約に従い本サービスの利用登録を行う必要があります。

用語の定義

第1条 本規約で使用する用語の解釈については、本規約の他の各項で定めるほか、次の各号に定める定義に従うこととします。

(1).「本契約」
本規約およびNTTレゾナントが別に定める本サービスの利用に係る条件(第5条第2項に定める「料金表」を含みます)に基づき、「契約者」とNTTレゾナントの間で成立する契約をいいます。 (2).「契約者」
第4条に従い、NTTレゾナントにより、本サービスの利用の承諾がなされた法人または個人をいいます。 (3).「本設備」
NTTレゾナントが本サービスの提供にあたり利用する電気通信設備その他の設備をいいます。 (4).「本ソフトウェア」
NTTレゾナントが提供する、契約者が本サービスを利用するために必要なソフトウェアをいいます。 (5).「本サイト」
NTTレゾナントが提供する「開発者向けポータルサイト」(URL:http://appkitbox.com/)。なお、本サービスは、本サイト上で提供されます。 (6).「契約者アプリ」
本サービスを利用して、契約者が動作検証を行うアプリケーションをいいます。 (7).「プラン」
本サービスを利用するために契約者が購入するプランをいいます。なお、プランには、検証端末ごとに本サービスを利用する際に契約者が購入する「チケット」も含まれます。

本規約の変更

第2条 NTTレゾナントは、本規約を変更する旨を、事前に本サイトへの掲載、登録アドレス(第4条第2項にて定義)への通知またはその他NTTレゾナントが適当と判断する方法で契約者に告知することにより、いつでも本規約を変更できるものとします。NTTレゾナントが当該告知をした本規約の変更日をもって、契約者は、変更後の本規約の内容に同意したものとみなします。

利用申込

第3条 本サービスの利用を希望するお客様(以下「申込希望者」といいます)は、次のいずれかの申込方法により本サービスの利用を申込むものとします。

(1).申込希望者(法人または個人)が、本サービスを利用する契約者の端末に、本ソフトウェアをインストールし、本ソフトウェアのインストール時に表示される本規約に同意のうえで、NTTレゾナント所定の必要事項(以下「登録情報」といいます)を登録する方法。 (2).申込希望者(法人または個人)が、Webブラウザ上から本サービスへの登録を行う際に、本規約に同意の上で、登録情報を登録する方法。 (3).申込希望者(法人に限る)が、NTTレゾナントが別に定める利用申込書に登録情報を記入し、社印又は代表者印にて押印の上、NTTレゾナントの指定する取次店に利用申込書を提出する方法。
2.申込希望者が未成年の場合、事前に親権者の同意を得るものとします。未成年のお客様が本サービスを利用する場合は、親権者の同意を得ているものとし、未成年のお客様も、本規約に基づく責任を負うものとします。

利用申込の承諾

第4条 NTTレゾナントは、前条に基づく本サービスの利用申込があった場合、当該申込に対する承諾の可否について判断するものとします。NTTレゾナントは、申込希望者が次の各号のいずれかに該当する場合は、当該申込を承諾しないことがあります。

(1).申込希望者が、過去に本サービスの利用において、第11条第1項に基づき本サービスの提供を停止されたこと、または第8条各号に該当し本契約を解除されたことがあると判明したとき (2).申込希望者がNTTレゾナントに対する債務(本契約に基づく債務以外のものを含みます)の履行を現に怠りまたは怠るおそれがあるとNTTレゾナントが判断したとき (3).登録情報に虚偽または誤った記載があるとNTTレゾナントが判断したとき (4).その他NTTレゾナントが不適当と判断したとき
2.NTTレゾナントは、申込を承諾する場合、申込希望者の登録情報に含まれるメールアドレス(以下「登録アドレス」という)宛に、本サービスの利用登録に必要な認証コードを通知します。申込希望者が本サービス上に認証コードを登録した時点をもって、本サービスの利用登録が完了し、当該申込希望者は契約者となります。
3.登録アドレスの不備等により、前項に定める通知等が到達しない場合であっても、NTTレゾナントは何ら責任を負わないものとします。
4.NTTレゾナントは、本サービスの利用登録が完了した契約者に対して、本サービスを別途サイト上で定める時間(以下「無料利用可能時間」といいます)利用できる権利を付与することができます。
5.契約者は、事前にNTTレゾナントが書面により承諾した場合を除き、本条に従い取得した本サービスの利用資格を第三者に譲渡、貸与または担保の用に供することはできません。

プラン

第5条 契約者は、本サービスの利用にあたって、必要なプランを購入するものとします。
2.プランの代金、プランの有効期間および一部プランにおけるチケットの消費単位(以下「消費単位」といいます)は、別途NTTレゾナントが掲示する料金表(以下「料金表」といいます)に定めるものとします。
3.チケットは、検証端末ごとに、消費単位ごとに消費されるものとします。事由の如何を問わず、一検証端末において、契約者が本サービスを利用した実績が消費単位に満たない場合であっても、当該消費単位のチケットが全て消費されます。
4.事由の如何を問わず、購入済みのプランの有効期間が切れた場合であっても、NTTレゾナントは契約者が購入したプランの代金の返金や、本サービスの利用可能時間の延長等何ら責任を負わないものとします。
5.契約者が法人の場合、請求書による支払いについては、NTTレゾナントが別に定める場合を除き、NTTレゾナントが請求書に定める期日までにプランの代金を請求書記載のNTTレゾナントの銀行口座に振込み支払うものとします。
6.契約者が利用できるプランの代金の支払方法(以下「決済手段」といいます)は、NTTレゾナントが別に定める通りとします。
7.契約者は決済手段の利用にあたり、各決済手段の提供者が定める規約等(以下「決済規約」といいます)に従い必要なID等を取得するものとします。なお、決済手段の利用にあたっては決済規約が適用され、NTTレゾナントは何ら責任を負わないものとします。
8.関連法令の改正により消費税の税率に変更が生じた場合には、消費税等相当額は変更後の税率により計算するものとします。

個人情報

第6条 NTTレゾナントは、登録情報または契約者情報のうちそれ単独でもしくは他の情報と容易に照合することにより個人を特定できる情報(以下「契約者個人情報」といいます)をNTTレゾナントのプライバシーポリシー(http://help.goo.ne.jp/help/article/709/)の定めに従い取扱うものとし、以下の目的において利用できるものとします。

(1).申込希望者または契約者の認証および与信管理 (2).本サイトにおいてNTTレゾナントが提供するサービス(本サービスを含み、以下同じ)の提供(本サービスの提供に関わるメンテナンスや契約者に対するサポートを含みます) (3).本サイトにおいてNTTレゾナントが提供するサービスに係るお知らせ・ご案内等を通知する目的 (4).契約者に関して、ソフトウェアまたはアプリの開発に係るアンケートを実施する目的 (5).契約者のプラン、アカウントならびに申し込みを発効、維持管理および提供(プラン代金の請求を含みます)する目的 (6).本サービス、本ソフトウェアおよび本サイトのセキュリティや品質保持の目的
2.契約者個人情報の管理責任者は、NTTレゾナントのビジネスリスクマネジメント推進担当役員とします。

プログラムコードの検知

第7条 契約者は、本サービスを利用して契約者アプリの動作検証を実施する際に、当該契約者アプリ内に、本サービスの提供に悪影響を与えるとNTTレゾナントが指定するプログラムコード(以下「疑義コード」といいます)が含まれていないかをNTTレゾナントが機械的に検知すること、および契約者アプリに疑義コードが含まれるとNTTレゾナントが判断した場合、該当契約者に対しては、本サービスを提供しないことに予め同意するものとします。
2.NTTレゾナントは、疑義コードおよび疑義コードの信頼性、妥当性等何ら保証しないものとし、前項に従い契約者が本サービスを利用できない場合であっても、何ら責任を負わないものとします。

解除

第8条 NTTレゾナントは、契約者が次の各号の一つにでも該当する場合または該当する恐れがある場合、契約者に対して何らの催告・補償をすることなく本契約の全部または一部をただちに解除することができ、契約者に対しNTTレゾナントが被った損害(NTTレゾナントが第三者から求償された損害および弁護士費用を含み、以下同じ)の賠償を請求することができるものとします。

(1).プランの代金の支払が滞った場合 (2).所在が不明となった場合または連絡が不可能となった場合 (3).契約者が法人で以下のいずれかに該当する場合
①契約者が仮差押、差押、競売、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始の申し立てがなされた場合
②または手形交換所の取引停止処分を受けた場合、その他支払停止の状況にある場合、公租公課の滞納処分を受けた場合
③契約者の取締役、監査役、役員、その他実質的に経営を支配する者、または従業員(臨時雇用の従業員を含み、以下同じとし、以下「従業員等」といいます)が、法令等に違反した容疑で逮捕または起訴された場合
④契約者もしくは契約者の従業員等が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等の反社会的勢力であること、または契約者が反社会的勢力の活動を助長し、反社会的勢力の運営に資する行為を行っていること、暴力的、威迫的もしくは不当な要求行為を行ったことが判明した場合
⑤NTTレゾナントが事前に承諾する場合を除き、法人格を有しない場合 (4).本サービスの利用が本サービスまたはNTTレゾナントの事業等の調査目的であるとNTTレゾナントが判断する場合 (5).本サイトにて提供されるサービスの運営を妨げた場合 (6).契約者情報に虚偽または誤った記載があるとNTTレゾナントが判断した場合 (7).NTTレゾナントの業務の遂行上支障があるとNTTレゾナントが認めた場合 (8).法令またはインターネット上において一般的に遵守されている規則などに違反する場合 (9).契約者アプリの検証端末での動作検証の目的以外の目的で本サービスを利用した場合 (10).本契約に違反した場合 (11).第11条第1項または第2項各号に該当し、その事象が解消しない場合 (12).本ソフトウェアのインストール画面上又は利用申込書に記載の禁止事項に違反した場合 (13).その他、NTTレゾナントが不適当と判断する場合

契約者の義務

第9条 契約者は、自己の責任と負担により、本サービスを利用するために必要な機器、ソフトウェア、通信回線等の準備を行うものとします。
2.契約者は、本サービスの利用または契約者アプリに関して一切の責任を負うものとし、契約者の本サービスの利用につき、第三者から契約者またはNTTレゾナントに何らかの請求や苦情等があった場合、自己の責任と負担により対応するものとし、NTTレゾナントを免責するとともに、NTTレゾナントが被った損害を賠償するものとします。
3. 契約者は、本サービスの利用にあたって契約者が検証端末に設定した情報、送受信したデータ(電子メール、画像、URLを含むがそれらに限定されません)、インストールしたソフトウェア(総称して、以下「データ等」といいます)を自己の責任で消去し、検証端末を利用開始前の状態に戻したうえで、検証端末の利用を終了するものとします。なお、契約者が本項に定める義務を怠ったことにより契約者又は第三者に発生した損害について、NTTレゾナントは、一切責任を負わないものとします。

免責

第10条 NTTレゾナントは、本サービスの安定的な提供に努めますが、契約者に対して、以下の各号に記載の事項について、何ら保証しません。

(1).本設備および本サイトにて提供されるサービスやコンテンツ(総称して、以下「本サービス等」といいます)の信頼性、適法性、正確性および適切性を含む内容ならびに品質 (2).本サービス等について何ら瑕疵がないこと、タイムリーに提供されること (3).本サービス等が、契約者の特定の目的、用途または局面に適合していること、その作動が中断されないこと、その作動に誤りがないこと、契約者が利用する機器及びその中にインストールされているソフトウェア、データ等に悪影響を及ぼさないこと (4).契約者による本サービスの利用が第三者の知的財産権その他の権利を侵害しないこと (5).本サービス等が常時利用可能であること

本サービスの停止

第11条 NTTレゾナントは、契約者が以下の各号のいずれかに該当する場合には、契約者に対して何らの通知を要することなく、契約者に対する本サービスの全部または一部の提供を停止することができるものとします。

(1).契約者が本サービスに対し支障を与える態様において本サービスを利用した場合 (2).チケットの購入代金を支払期限までに支払わない場合 (3).その他契約者が本契約に違反した場合
2.前項に定めるほか、NTTレゾナントは、次の各号のいずれかに該当する場合には、本サービスの全部または一部の提供を一時的に停止することができるものとします。 (1).災害の予防若しくは救援、交通、通信若しくは電力の供給の確保、または、秩序の維持に必要な通信その他の公共の利益のために緊急を要する場合 (2).戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により本サービスの提供が困難とNTTレゾナントが認めた場合 (3).本設備の保守または工事の場合 (4).本ソフトウェア、その他本サービスの運用に係るプログラムの許諾元との契約が終了した場合 (5).その他、本サービスの提供に支障があるとNTTレゾナントが認めた場合
3.NTTレゾナントは、前項の規定に基づき本サービスの全部または一部を停止する場合は、その旨を本サイトへの掲示またはその他NTTレゾナントが適当と判断する方法で契約者に通知または周知します。ただし、緊急やむを得ない場合はこの限りではありません。
4.NTTレゾナントは、第1項または第2項に基づき契約者に対する本サービスを停止したことにより、契約者その他第三者に生じた損害について、一切責任を負わないものとします。

本サービスの終了

第12条 NTTレゾナントは、最低10日間の予告期間をおいて、本サイトへの掲載、登録アドレスへの通知、その他NTTレゾナントが適当と判断する方法で契約者に告知することにより、本サービスの全部または一部を終了できるものとします。この場合、NTTレゾナントは、契約者に不利益または損害が発生したとしても、何ら責任を負わないものとします。

雑則

第13条 本規約は、日本法に準拠して解釈されるものとします。
2.本契約もしくは契約者の本サービスの利用に起因・関連する訴訟もしくは訴訟手続については、その訴訟価額も一切の紛争については、その訴訟価額に応じて東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
3. NTTレゾナントは、本サービスに関する事業を第三者に譲渡する場合、最低10日間の予告期間をおいて、本サイトへの掲載、登録アドレスへの通知、その他NTTレゾナントが適当と判断する方法で契約者に告知することにより、本契約に基づくNTTレゾナントのすべての権利および義務を承継、売却、合併その他の方法で譲渡することができるものとします。また、この場合において、契約者は、NTTレゾナントがかかる権利および義務を譲渡する者に、契約者の登録情報および契約者情報を提供することならびにこれらに関する諸権利を譲渡することに予め同意するものとします。
4.本規約のいずれかの規定が法律に違反していると判断される場合、かかる規定は、効力のあるその他の残りの条項をもって、NTTレゾナントの意向をできる限り反映するように解釈することとします。
5.本規約のいずれかの規定が無効または実施できないと判断された場合には、それらの条項の有効または実施できる部分および本規約の残りの条項は、引続き有効かつ実施できるものとします。
6.NTTレゾナントにより、契約者の本契約への違反に対する権利の放棄(明示・黙示を問わず)は、その後の契約者の本契約への違反に対する権利の放棄を意味するものではありません。
7.契約者は、本サービスから生じるまたはそれに関連するいかなる訴訟も、当該訴訟の原因が生じてから一年以内に開始されなければならないことに予め同意し、当該期間経過後はそのような訴訟は、永久に提訴できないものとします。
8.NTTレゾナントは、本サービスの提供にあたり、本契約に別段の定めがある場合を除き、NTTレゾナントの故意もしくは重過失に基づく債務不履行または不法行為に起因して契約者に損害が生じた場合、現実、通常かつ直接の損害に限り、過去1年間に契約者より支払いを受けたプランの代金の合計額を上限として賠償するものとします。ただし、NTTレゾナントは、契約者に発生した使用機会の逸失、登録情報または契約者情報の消失、間接損害、特別損害(予見可能性の有無を問いません)、付随損害、派生損害および逸失利益に対して、たとえNTTレゾナントがかかる損害の可能性を事前に通知されていたとしても責任を負いません。

2012年11月13日 制定
2013年04月19日 改定
2013年09月02日 改定
2014年03月27日 改定
2014年11月27日 改定
2015年10月29日 改定

料金表についてはこちらをご覧ください。